がんと診断されました


がん治療

肝臓がんと診断され主治医から重粒子線療法という手術を勧められました。重粒子線療法と言うは正常な細胞にはほとんど影響すること無く、がん細胞をやっつけてくれると言うものらしいです。そしてさらに、自由診療になるが、ANK免疫細胞療法というのも併用するように勧められました。これは、放射線療法で残ったがん細胞をやっつけてくれるものらしいです。

ANK免疫細胞療法というのは、NK細胞というのを体内から採取して、それを培養して、体内に戻す方法との事です。何でも、私たちの体内では、勢いの無いがん細胞であれば体中をパトロールしているNK細胞が、がん細胞を発見し殺してくれているそうです。ですが、免疫が落ちている時は、NK細胞が、がん細胞に負けてしまい、がん細胞が増殖してしまうらしいです。それによって癌が転移してしまうとの事です。

放射線療法や抗がん剤は、大きな腫瘍や膨大なガン細胞を退治するのには向いているらしいのですが、治療後は免疫が落ちてしまい、ガンの再発・転移する危険がでてしまうらしいです。それで、まだ免疫力のあるうちにANK療法も行っておけば、癌の再発・転移のリスクが減るとの事です。自由診療なので治療費が高めなのですが、主治医の言葉を信じて、ANK療法も受けてみたいと思います。ANKがん免疫細胞療法は新日本橋石井クリニックという所で受けられるらしいです。

投稿日: