障がいのある方も安心して働ける社会が必要ですね。


障害者就労支援

障がい者の皆さん、家の外で自分に合った仕事を見つけて、働いて生活をしたいとお考えでしょうか。
そのようなみなさんの為に、新しい法律が制定され、
・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
(通称 障害者総合支援法)という法律が2013年(平成25年)4月1日に施行されました。

この法律のポイントの中には、
・就労移行支援 働きたい障がい者に対して、必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を提供すること。
・就労継続支援 働きたいが通常の会社では、働くことが難しい障がい者に、働く場所を提供するとともに、生産活動などを通じて、知識及び能力の向上のための訓練を提供する。
という、障がい者の就労に関する支援が明記されています。

では、そのような支援を受けられる施設は、鴻巣なら、鴻巣職業訓練センターをご紹介します。
こちらのセンターは、鴻巣市だけではなく、
・行田市 ・加須市 ・北本市 のエリアからも、相談を受けて付けています。
就労移行支援の流れは、
1 面談 (障がい者の方やご家族、関係機関から、健康や生活状態、障害の特性などを聞き取る。)
2 適性検査のち、個別の支援計画を策定し、就労に結びつく訓練計画を作る。
3 基礎訓練 KPT (鴻巣プロフェッショナルトレーニング こちらオリジナル)
PC訓練や、社会での自立の為のビジネスキルトレーニング、そして、
     製造作業、仕分け、検品等の作業訓練。
  実習   就労見込みの業種での実習で、課題の再発見。
4 検定で本人の希望する検定取得ののち、模擬面接などを行う
5 面接ののち、内定をもらい、就労
という流れでですが、就労したあとも、鴻巣職業訓練センターは、定着サポートという支援を行い、障がい者の方が安心して仕事を続けられる環境を作っています。

投稿日: